忍者ブログ
移転作業進行中。詳細はトップ記事「このブログについて」にて。
[20] [17] [16] [15] [13] [12] [11] [9] [7] [6] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

らき☆すた。


続き。

+ + + + + + + + + +

一方その頃学校では。
朝、つかさからかがみが休みだと聞かされたこなたは、どこか面白くないものを感じていた。面白くないという言葉は、つまらない、もしくは寂しいという言葉に変換可能である。
しかも今日は誕生日。なんだかんだで優しいかがみが、いったいどんな言葉で祝ってくれるのかが少しだけ楽しみでもあったから、それはいつもより五割増くらいで感じられた。かがみの言葉が無いと誕生日もあまり意味が無いような気がして、そして同時にこんな風に感じていることに、朝お祝いの言葉を向けてくれたつかさやみゆきに対して申し訳ないと軽く自己嫌悪する。しかし、感情は自分の意思とは関係なく溢れてくるもので、それ自体はどうしようもない。
なんだかかがみに飢えてるみたいだとこなたはため息をついた。そういえばと思い返してみると、最近かがみは放課後の付き合いも悪かった。だからこんなに、憂鬱というか飢餓感を感じているのだろう。
その一連の感情の根本が、図らずもその自分の誕生日であるというのはもちろんこなたは知る由も無い。
最近持ち歩くようになった携帯電話を取り出して、着信履歴を開いてみる。かがみの文字はそこにあったけれど、時計を見て、体調が悪いなら寝ているかなと思ってすぐに閉じた。
体調が悪いどころか、ゲームセンターを飛び出して街をうろついていることはもちろん知る由も無い。
「こなちゃん寂しそうだね」
携帯を持ったままボーっとしていると、つかさから声をかけられてどきりとした。
「いやいや、むしろかがみんが寂しがってるんじゃないかなーと思ってたとこデスヨ」
こなたはとっさに表情を取り繕ってみるけれど、妙なところでするどいつかさにはきっと分かってしまうだろうなと半分以上隠すつもりは無かった。実際、つかさは何も言わずににっこりと笑うだけで、それ以上何も言うつもりはなさそうだった。
「お姉ちゃん、最近ずっと悩んでるみたいだったから、疲れちゃったのかな」
「悩んでた?」
「うん。家に帰ってくるのも遅かったし、帰ってきてもパソコンでずっと何か調べてるみたいだったし」
付き合いが悪いことに疑問は持っていたけれど、悩んでいたというのは初耳だった。もしや男か、といつもの思考が頭をもたげるけれど、いやいやそれは無いだろうと頭を振った。もしそうなら、かがみにそれを隠せるとは思えない。
それよりも、悩んでいたということに気付かなかったことが妙に悔しかった。もちろんつかさは家族なわけで、かがみと接する機会はこなたよりはるかに多いので当然といえば当然なのだが。
もちろん、その悩みの原因がこなたにあるとは知る由も無い。
「そだ、今日お見舞いにつかさの家寄ってもいい?」
無性にかがみに会いたくなって、思わずその言葉が出てきたこなたに、つかさは笑顔で頷いた。


そして放課後。
こなたが柊家を訪れると、衝撃の事実が待っていた。
「え、いない?」
「うん……制服も鞄も無いから、多分朝出かけたっきり帰ってないんだと思う」
申し訳無さそうなつかさに、なんだそれなら仕方ないな、とこなたも納得、するわけもなく。
「えーっと……かがみは体調が悪くて休んだんだよね?」
「うん」
「オーケー。じゃあ、朝出かけたって言うのは?」
「体調悪いから休むって言いながら、凄い速さで家を飛び出しちゃって」
……つかさ、それ確実に仮病だよ。というか仮病ですらないよ。
あまりにもあまりにもなつかさに言葉も出ず、こなたは頭を抱えた。いや、それは一先ず置いておこう。問題はかがみだ。
かがみは真面目だから、学校をずる休みするなんて余程のことがないとしないだろう。その余程のことを考える。しかし、こなたにはその可能性すら思い浮かばなかった。つかさはそんなこなたを不思議そうに見つめているだけで、理由を知っているとは到底思えない。恐らく事実を告げたところで困惑するだけだろう。
何かに巻き込まれているのではないかという不安も芽生えた。しかし憶測で焦っても仕方が無い。
「まあ……いないなら仕方ないねー。また今度来ることにするよ」
「あ、うん。ごめんねこなちゃん」
謝るつかさにいやいや気にしないでと返しながら、こなたはポケットの携帯電話を握り締めた。家に着いたら、とりあえず連絡を取ってみようと心に決めて。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
風遊
一言
割とどうしようもない。
カウント
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Reだいれくと All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]